プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道味紀行の師走の一押しは北海道産特選新巻鮭
北海道産特選新巻鮭
北海道味紀行は、北海の豊かな恵みからうまれる、美味の数々を提供し続け、長年蓄積された経験から培われたノウハウと、多くのお客様から寄せられている信頼の太い絆は、なにものにも替えがたい原動力となっています。
鮭はその身の色が他の種類の鮭に比べて淡いピンクなので和名で白鮭と呼ばれます。
北海道や東北地方の河川で生まれ、北太平洋を回遊して4年前後で産卵の為に生まれた川に戻ってきます。
北海道では9月頃から、本州には11月から12月を中心に遡上してきます。
白鮭は人工孵化の主流で来遊は年々増加しています。主に秋に捕獲されることから「秋味(あきあじ)」と呼ばれています
新巻鮭と呼ばれる一本物の塩鮭をつくるには、箱切と山漬という2つの異なった製法があります。
いずれの方法も、まずは前処理として秋鮭の内臓と鰓(えら)を取り除き、きれいに洗います。
その後、大きさ別に分け、粗塩をまぶします。
箱切の場合はこの段階で木箱に入れてすぐに急速冷凍します。
そのため、箱切の新巻鮭は、解凍直後だと塩がまったく効いていません。
そのまま、塩を洗い流せば、ほとんど生の鮭と変わりないようなものです。
このように、箱切では熟成の過程がありませんので、その味は生鮭の塩振り焼きといった風情になります。


北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
将来のための個人年金
個人年金の検索サイト。ランキング、郵便局、比較、第一生命、JA個人年金など個人年金に関する各種情報をお届けしています。 http://gastronome.santamonicatravelodge.com/
【2008/11/29 08:31】 URL | ゲスト #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/137-1d1b824e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。