プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道味紀行は紅鮭&かに詰合せを新発売。
紅鮭&かに組合せ
ズワイガニの呼び方は、そのまま「ズワイガニ」と呼ばれる場合が多いですが、ズワイガニの産地により、松葉ガニ
(鳥取県・兵庫県・京都府にかけての山陰地方)、越前がに(福井県)などとも呼ばれます。
また最近では間人ガニ(京都府京丹後市)、津居山ガニ(兵庫県豊岡市)に代表されるように、地名をそのままつけた呼び方が一種のトレンドと
なっています。
地名を付けて地域や漁協独自のブランド化を計ることから「ブランドがに」ともいわれています。
このような日本国内で水揚げされた「ズワイガニ」以外にも、カナダ、ロシア、韓国、アラスカなどの海外から、毎年数多くのズワイガニが輸入されています。


ロシア産甘口紅鮭
鮭を好む人の特徴としては、「身に弾力があり、それでいて適度な油のりもある」という究極の紅鮭です。
それら全てを満たしたのが北洋産紅鮭です。北洋産紅鮭は、まだ北洋海域を回遊途中の若い状態で水揚げ
されるため、身の締まりと適度な油のりがあり、紅鮭のうまさに必要な特徴をすべて兼ね備えています。
紅鮭の特徴は、産卵期が近づくとオス鮭の体全体が赤くなる事から紅鮭といいます。他の鮭と比べても、
身が赤く脂のりもよいのが特徴です。


北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/145-cc2b6b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。