プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道味紀行は紅鮭切身&北海道産いくらしょう油味詰合せを新発売!
紅鮭&いくらしょう油味柱組合せ
イクラ醤油漬けの美味しさは、何で決まるか、ご存じでしょうか?やはり、ナント言っても、鮮度が命です!
つまり、鮭が水揚げされてから、魚卵がイクラに加工される段階で、 鮮度を落とさずに、素早く、漬け込む事が重要です!
美味しいいくらは、口の中に皮が残らず、自然に溶ける食感が楽しめます。 色、粒の大きさ、味、コク、舌ざわりが自慢です。
口に入れるとプッチリはじけて旨みが舌の上に広がります。
豪快にいくら丼を食べてみたい方にオススメです。
ロシア産甘口紅鮭
紅鮭は鮭の中でも一番よく耳にする新巻鮭に継いで有名な鮭(紅鮭)だと思います。同じ鮭でも「しろ鮭」とは
分類分けされています。
実は紅鮭自体は日本には生息してなく大半はロシア、アラスカ、カナダ、北洋と海外の海になります。
特徴は紅鮭と呼ぶ位ですから身が赤く、さらに産卵時期を迎えると体が赤色に染まってきます。
紅鮭の評価(ランク)
紅鮭にもランクがあり、俗にロシア産、アラスカ産というのが一般的にスーパー、ディスカウント店などに並ぶ商品になります。
アラスカ産の紅鮭は水温が低すぎて水質・餌が少ないということと河が多いため、油のり、身の締まりが乏しくなると聞きます。
確かに私もいろいろな紅鮭を食べていますが、あまり美味しいとは言えません。逆においしい紅鮭はロシア産、北洋産です。やはり、この2つはトップクラスにふさわしく美味しいです。
「その中でもどっちが…」というとカナダ産紅鮭がやや評判・値段も落ちます。その理由は油が強すぎて、
しつこい味だからです。(何だか贅沢な理由でもあります)そのため身の締まりも不十分になりがちです。


北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
音楽療法士を目指して30代,40代の転職
音楽療法士は、音楽で人に癒しを与える http://teeth.rcrane4law.com/
【2008/11/17 05:15】 URL | ゲスト #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/146-6d506565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。