プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道味紀行は紅鮭切身&北海道産たら子詰合せを新発売!
紅鮭&たら子組合せ
近年、北海道前浜でのスケソウダラ漁獲量が減少したことや、輸入原料卵の流通などにより、前浜(近海)産原料を取り扱う加工メーカーは少なくなりました。
鮮度のよい状態で加工します前浜産原料を用いることで、加工の際に使用する添加物の量を冷凍輸入原料の1/2~1/3に軽減することができます。
卵は塩蔵せずに冷凍すると蛋白質が変性し、うまみが損なわれ、粒子感も失われます。
素材の持ち味を最大限に生かして加工します。
失われたうまみは大量の添加物で補うのですが、本来の状態にまで戻すことはできず、逆に苦味が増す原因になります。
添加物の量が少ないと、たらこ本来のうまみや風味が際立つのです。

ロシア産甘口紅鮭
北洋産紅鮭は究極の紅鮭
紅鮭を好む人の特徴としては、「身に弾力があり、それでいて適度な油のりもある」という究極の紅鮭です。
それら全てを満たしたのが北洋産紅鮭です。
北洋産紅鮭は、まだ北洋海域を回遊途中の若い状態で水揚げされるため、身の締まりと適度な油のりがあり、紅鮭のうまさに必要な特徴をすべて兼ね備えています。
紅鮭の食べ方
紅鮭は塩で締めれば締めるほど油が浮き出て旨みをまします。ですから塩焼きが一番ベストでしょう。
もちろん、生だとルイベなども絶品です。
*あまり、塩をきつくしすぎると体には良くないので、ほどほどにしましょう。鮭は塩分を控えれば癌予防、高血圧、動脈硬化、貧血、老化防止にとても良い栄養素を沢山持っている食べ物です。


北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店

スポンサーサイト
この記事に対するコメント
艶やか扇子ナビ
扇子の検索サイト。販売、セリーヌ、アナスイ、京都、宮脇など扇子に関する各種情報をお届けしています。 http://gambit.santamonicatravelodge.com/
【2008/11/16 09:31】 URL | ゲスト #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/147-3e8d283b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。