プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道味紀行の高原EM長いもはEM農法で作っています!
伊達産高原EM長いも
★★安孫子さんのお話です★★数年前、おじが家庭菜園的に作った真っ赤なトマトを届けてくれ、口に入った瞬間、何と過去に味わった事がない甘さが広がった。
その時から今、そして今後目指しているEM有機農法を私なりの土づくりとして紹介します。
寒暖差の多い美笛高原特有の気候が、高原EM長いも を甘さとこの粘りを育てました!
5月中旬から下旬頃に種いもを大地に植えて半年後の11月に長いもは収穫されます。
その間、北国とはいえ汗ばむ陽気の夏の中も、冷たい風を受ける秋も、地上に顔を出した1本1本のつるを真っ直ぐに伸びるよう、ていねいにネットに巻き付けて、大切に育てています。
そういった弛まぬ努力と美笛高原の寒暖差のある気候が、高原EM長いも の甘さと粘りを充分に蓄えた長いもを作り出しているのです。
EMは物を酸化させない!EMは物を腐らせない!という作用をもつ抗酸化物質を作り出すとともに有害物質等を抑える働きをもっています。

★農業分野における利用法★
植え付け前と作物生育に応じて、EMの拡大培養液の散布とEMボカシを施用します。
発芽、発根処理としてはEM拡大培養液に30分漬ける方法、また病害虫予防にはEM5号希釈液を散布する方法があります。
EMが効きだすと、病害虫への抵抗性が高まり、健康な作物を無農薬A無化学肥料で栽培することが可能となります。
また、EMによって有機物が発酵分解される過程で、種々の生理活性物質や抗酸化物質が生成されるため、細胞が活性化され生産性が高まります。
今年もEM農法を使い美味しい粘りのある完熟した「高原EM長いもは」が出来ました、近年にないよい物が出来たそうです。


北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
やっぱり楽しいオンラインゲーム
オンラインゲームの検索サイト。無料オンラインゲーム、ランキング、人気、低スペック、サッカーなどオンラインゲームに関する各種情報をお届けしています。 http://fighting.tallmadgetitans.com/
【2008/11/14 10:06】 URL | ゲスト #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/149-5c20854f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。