プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山菜・天然山菜・竹の子(タケノコ):竹の子(タケノコ)の料理レシピ!お取り寄せ通販
竹の子(タケノコ)の料理レシピ!


山菜・天然山菜・竹の子(タケノコ):竹の子(タケノコ)の料理レシピ!お取り寄せ通販

山菜・天然山菜:竹の子(タケノコ)の料理レシピ!お取り寄せ通販

の料理レシピにリンクします!
北海道で竹の子(タケノコ)と呼ぶのは、チシマザサ(ネマガリダケ)の若芽です。
竹の子(タケノコ)の料理例として、天ぷら・酢のもの・あえもの・いためもの・煮物・おでん種・汁の実・タケノコご飯・卵とじなどです。
竹の子(タケノコ)の下処理としては、採取後できるだけ早いうちに下処理を済ませましょう。
採取翌日以降に下処理する場合は、竹の子(タケノコ)の性質上あまり好ましい事ではありませんが、まず根元の堅い部分を取り除き、縦に一筋ナイフか包丁で切れ目を入れて、皮をむきます。
鍋に水をたっぷり入れ、沸騰させる。
米ぬかを、水量の10%用意して鍋に入れます。
再び沸騰したら、竹の子(タケノコ)を入れ、10~15分ほどゆで、そのまま冷まします。
以上ですが、竹の子(タケノコ)をかじってみて、エグ味が残っているようなら、冷水にさらしておきましょう。
竹の子(タケノコ)の保存法は、塩漬け・ビン詰め等です。


<北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
北海道味紀行楽天市場店
北海道味紀行イーベイGマーケット


スポンサーサイト

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/164-f35fc1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。