プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子持ちボタンエビ(大)1kg-新鮮でプリプリ!甘い!【ロシア産】
子持ちボタンエビ(大)1kg
子持ちボタンエビ(大)1kg-新鮮でプリプリ!甘い!【ロシア産】
北海道ではやはり海老の王様といえば「ボタン海老」です。
刺身でぼたん海老にかなうえびはそうはないでしょう。
ギュッと締まった身と舌の上でとろけてしまいそうな甘みが日本人をより海老好きにしそうな美味です。
もちろんお刺身が最高ですが、 大きいものだと塩焼きも美味です。頭はミソも入っています。
●北海道外では滅多に味わえない味。
本州などでは高級料亭で味わえますが、残念ながら北海道以外には意外と知られていない、北海道の高級珍味です。
●独特のトロッとした甘味。青緑色の新鮮卵は絶品です。
ボタン海老ならではの舌触りと、独特のトロッとした甘みは、一度口にするとまさに病みつきになる美味しさ。
また、メスは青緑の卵を腹に蓄え、更においしさも倍増、味噌も絶品の珍味です。
生のまま、あるいは軽く焼いて醤油などを付けて吸い込むように食べるのが通。 またとても良いダシが
出ますから絶対捨ててはいけません。
北海の”ぼたんえび”は、タラバエビ科の中では最も大きい大型のエビで、姿が立派な為祝いごとの料理などに
多く用いられていますが、大きく引き締まった身は、刺身・寿司種等で最もおいしくお召し上がりいただけます。
また塩振り焼きや、天ぷら、フライなど様々な料理で、北の海の味わいをお楽しみ下さい。
解凍方法
色の悪くなりやすいボタンエビは食べる直前に流水解凍します。殻をむいたり、お刺身で食べる場合、まだ芯が
凍っている位でちょうど良いです。一度解凍したものの再凍結はお止め下さい。また家庭用冷凍庫で保管の
場合は風が当たらないよう密封し長期保存(30日以上)はお避け下さい。
保存方法
漁獲された”ぼたんえび”は、船内ですぐに急速冷凍されて食卓へ届けられますので、フレッシュな旨み、甘味を
”生”でそのままお楽しみいただけます。”えび”は非常にデリケートですから、食卓に届きましたらそのまま
すぐ冷凍庫にお入れ下さい。召し上がる場合、低温解凍が理想的で、ぼたんえびの風味を損ないません。

北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
北海道味紀行楽天市場店
北海道味紀行イーベイGマーケット
スポンサーサイト

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/328-cecc916b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。