プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活ほたて貝(活ホタテ貝・活帆立貝)!噴火湾の活ホタテ貝は新鮮!産地直送!通販
【北海道噴火湾産】活ほたて貝(3年貝)
活ほたて貝(活ホタテ貝・活帆立貝)!噴火湾の活ホタテ貝は新鮮!産地直送!通販。

ほたて[帆立] ウグイスガイ目 イタヤガイ科
殻径は20cmほどになる大きな二枚貝である。貝殻はふくらみが強い殻と弱い殻とが合わさっているが、ふくらみが
強い方が右殻である。殻の中央には大きな閉殻筋(貝柱)があります。
また、外套膜(ヒモ)の周囲には小さな眼点(目)があり、明るさを感じることができます。
名前は開いた殻を帆のようにして水上を走るという俗説に由来します。
東北地方から北海道、オホーツク海まで分布し、浅い海の砂底に生息します。
敵はヒトデ、オオカミウオ、ミズダコなどですが、ただしヒトデに襲われると閉殻筋で力強く殻を開閉させて海水を
吹き出し、泳いで逃げることができます。
食用として多く漁獲されるが、現在では養殖もされています。
調理方法にも依るが、近年では生後一年程度の物稚貝から、3-4年ほどかけて大きくした物まで、幅広く流通しています。
刺身や煮込み、バター焼き、スープ、干貝など様々な料理で使用されています。
貝柱は肉厚で淡白だがほぐれ易く、舌触りと風味がとても良いようです。
また、ヒモと呼ばれる外套膜も燻製や塩辛などにして食べる。貝殻以外はほとんどの部位が食べられるが、中腸腺(ウロ)は貝毒や重金属が集中するため食べない方がよい(食べても美味しくない)でしょう。
ウロは黒色なので、素人でも容易に判別し取り除くことができます。
アミノ酸、グルタミン酸、コハク酸やタウリンなどが豊富に含まれています。ホタテガイ特有の甘味はグリコーゲン由来であります。
また、貝殻は料理店などで野趣を演出する鍋代わりに使用されることも多いようです。
言わずと知れた、北海道・青森の特産物の一つである”ほたて”は数少ない国内自給率が100%を超える水産物で、
アメリカなどにも日本から輸出されています。
宗谷・網走では稚貝を放流する地まき養殖がほとんどで2年後に大きな熊手のようなものですくい上げる漁法を
していて、噴火湾では主に耳吊り方式と言って稚貝の耳に穴をあけて芋づる式に吊り下げるという方法で養殖して
いるほか、根室では100%天然のものが漁獲されています。
ほぼ一年中漁獲されているのですが、この時期は噴火湾のものが出回ります。
近年の養殖技術の発達により、生産数量が飛躍的に増え価格帯も安値で安定していて、手軽に家庭でも扱うことができるようになり、より身近になった”ほたて”は低カロリーな食材としても注目の的です。


北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
北海道味紀行楽天市場店
北海道味紀行イーベイGマーケット
スポンサーサイト

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント
女に生れて来たからには!!
誰にも言えない秘密があります。実はとってもHなんです、せっかく女として生まれたからにはアブノーマルな世界に飛び込んでみたいです☆普段では考えられないプレイを思う存分楽しみ、経験したいんです♪快楽に溺れさせてくれませんか?一緒に感じ合いましょう!!都合はつくのですぐに時間を合わせられます。18歳よりも上の方がいいです!! quietness@docomo.ne.jp
【2009/12/19 01:57】 URL | まりか #nDTBDoWs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/369-5570cbdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。