プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やきとり・室蘭やきとり・焼鳥・ヤキトリ:室蘭やきとり(焼鳥・ヤキトリ)お取り寄せ通販【一平本店取扱い店味紀行】【味紀行ヤフー店】【味紀行楽天市場店】
室蘭やきとり(焼鳥・ヤキトリ)通販

やきとり・室蘭やきとり・焼鳥・ヤキトリ:室蘭やきとり(焼鳥・ヤキトリ)お取り寄せ通販【一平本店取扱い店味紀行】【味紀行ヤフー店】【味紀行楽天市場店】

やきとり:室蘭やきとり(焼鳥・ヤキトリ)お取り寄せ通販【一平本店取扱い店味紀行】【味紀行ヤフー店】【味紀行楽天市場店】

室蘭やきとり(焼鳥・ヤキトリ)通販【一平本店取扱い店味紀行】【味紀行ヤフー店】【味紀行楽天市場店】

薄暗い照明にアンティークの蓄音器や古時計がディスプレーされ、ジャズの旋律が流れる店内からは、よもやそこが焼き鳥屋ではないように錯覚してしまいそうだが「洋風を取り入れて女性や若い年齢層を取り込もうと思った」いう、石塚社長のアイデア、なのだそうだ。
 「ただ、男性や年配層が離れないように和風の要素も残した」というのが、白壁の土蔵を模した外観に現れている。
 「和と洋の、微妙なバランスを取るために、日本に西洋の文化が根付き始めたハイカラな大正ロマンをイメージした」これが「やきとりの一平」のいわばブランドである。

北海道「室蘭名物」やきとりの特徴
●精選された豚肩ロース肉を使用し、その日仕込んだものを炭火(備長炭)で焼き上げています。
●操業57年の老舗が長年仕込んだ自慢のタレを使用しています。
●包装は真空パックで密封してクール便でお届けします。

室蘭やきとりについて
室蘭のやきとりは、串に刺された豚肩ロース肉と玉ネギをタレをつけて炭火で焼きます。食べる時は洋ガラシをつけます。洋がらしは、25年ほど前、お客さんの要望から生まれました。豚肉の旨さを辛味は引き出しますから、カラシをつけると、やきとりの旨味がさらに引き立ちます。

【やきとりの歴史】
 明治42年、溶鉱炉に火が灯って以来、室蘭は鉄鋼の街として栄えてきました。それらの工場に従事する人たちの胃袋を満たすため、栄養満点の「やきとり」は人気の食べ物でした。
 かつて、室蘭には軍靴などをつくる工場がありました。靴の素材となる豚の皮が大量に必要なところから、豚が飼育され、皮をとった際に残る豚肉が安価で市場に出回りました。昭和のはじめ頃、これらの肉を使ったやきとりの屋台が誕生したといいます。

【一口知識】
 室蘭では、豚肉のことを「豚精」、とり肉のことを「とり精」といいます。

北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
北海道味紀行楽天市場店
北海道味紀行イーベイGマーケット
スポンサーサイト

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/391-4dcc141a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。