プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルティコーヒー Specialty coffee:スペシャルティコーヒー Specialty coffee専門店の「自家焙煎」桜井珈琲お取り寄せ通販
スペシャルティコーヒー Specialty coffee専門店・「自家焙煎」桜井珈琲

スペシャルティコーヒー Specialty coffee:スペシャルティコーヒー Specialty coffee専門店の「自家焙煎」桜井珈琲お取り寄せ通販

スペシャルティコーヒー Specialty coffee専門店・「自家焙煎」桜井珈琲

スペシャルティコーヒー Specialty coffee
『千のキスよりすばらしく、マスカットのぶどう酒より甘い』 J ・Sバッハ「コーヒー・カンタータ」18世紀半ば、ドイツの社交界ではコーヒーが大流行し、もてはやされていたと云われます。
当時は高価で贅沢なものでしたから、コーヒーはひとつのステイタスシンボルでもありました。
長い年月を経た今でも、コーヒーは飲み継がれ、コーヒーベルトと呼ばれる地域から日本にもたくさんのコーヒーが輸入されています。 
その中でも「スペシャルティコーヒー」と呼ばれる、選りすぐられ、栽培の段階からカップテストに至るまですべてのプロセスで最高品質と認められたコーヒーこそが「スペシャルティーコーヒー」と認定されます。

「自家焙煎」桜井珈琲では、スペシャルティコーヒーを使用し、最高のブレンドで、常に焙煎の鮮度の新しい豆だけをお届けします。
コーヒー豆が本来持っている苦味、酸味、コク、甘味、そして香りをぜひ一度ご賞味下さい。

◆◆Sprcialty coffeeとは?◆◆
Specialty Coffeeの語源は米国Knutsen CoffeeのErna knutsen女史が1978年にフランスのコーヒー国際会議で使用したのが起源で、そのコンセプトは単純明快です。
「special geographic microclimates produce beans with unique flavor profiles(特別の気象・地理的条件がユニークな香気を持つコーヒー豆を育てる)」またS.C.A.A.(米国スペシャルティコーヒー協会)のDon Holly氏はこう言います。「結局スペシャルティコーヒーはカップで決まる。
一杯のカップが消費者の手に渡るのには多くのステップがあり、全てのプロセスで最高品質が維持されてスペシャルティー足るものが守られるのだ」この基本理念から発展して近年のスペシャリティコーヒーの運動は発展してきました。
しかし何がスペシャリティーコーヒーなのかの世界統一の定義はまだ固まっていません。


北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
北海道味紀行楽天市場店
北海道味紀行イーベイGマーケット
スポンサーサイト

テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
冷やかしなしでお願いします!
初めましていずみって言います☆1年半以上恋してません…(/∇≦\)元彼と付き合ってた時にあんまり会えなくて恋愛してた感じがなかった(; ̄  ̄)それから臆病になってたけど長いこと彼がいないからそろそろホンキで恋したいなーなんて思ってますo(^-^o)けっこう天然入ってるから大人で引っ張ってくれる人で年上の人と仲良くしたいです☆気になった人はメールしてね fly.me.so.high-@docomo.ne.jp
【2010/02/20 02:37】 URL | いずみ #dwQp4Xf6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/407-38131448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。