プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海しまえび・北海シマエビ・ホッカイシマエビ:お取り寄せグルメの人気商品!サロマ湖産北海しまえびは産地直送
北海しまえび・北海シマエビ・ホッカイシマエビ

北海しまえび・北海シマエビ・ホッカイシマエビ:お取り寄せグルメの人気商品!サロマ湖産北海しまえびは産地直送

正式名称をホッカイエビ、通称「北海シマエビ(北海しまえび)」は、ボタンエビと同じタラバエビ科の仲間です。
生きているときは、緑色や褐色です。
体に白または黄色の縦シマ模様が入っています。
水揚げしたら、すぐに釜茹でされます、お届けになりましたら冷凍状態で2週間、解凍後は2日以内にお召し上がりください。 
北海道では、主にオホーツク沿岸の内湾で獲れます。
漁場は、北海道の道東の野付湾やサロマ湖が有名です。
今回ご紹介の「北海しまえび(北海シマエビ・ホッカイシマエビ)」は、このサロマ湖産です。
実をいうと、「北海しまえび」って精力が弱いんです。
ですから、すぐに鮮度が落ちてしまいます。
今回お届けする、この「北海シマエビ(北海しまえび・ホッカイシマエビ)」は漁から帰ってきて、新鮮なうちに処理します。
北海道の名産で、海老(エビ)といえば「北海しまえび(北海シマエビ・ホッカイシマエビ)」というぐらい人気がある海老です。
北海しまえび漁(北海シマエビ・ホッカイシマエビ)は、サロマ湖及び道東オホーツク沿岸でのエビカゴ漁と夏の観光スポットにも代表される尾岱沼だけで行う打瀬網漁の二通りの方法で行われます。
ロシア側オホーツク海沿岸でもエビカゴ漁を行ってます。
滋養豊富な北の海、北海道 近海で獲れる、おいしいシマエビです!
旨みを逃さずボイルしてあります。そのまま、手軽に食べられるグルメな味は、お酒のおつまみや贈り物にも喜ばれます。
北海しまえび(北海シマエビ・ホッカイシマエビ)は、ビールのおつまみに!
身を堪能したあとは、味噌汁のダシに最高です。
サロマ湖産(オホーツク海産)の北海シマエビ(北海しまえび・ホッカイシマエビ)です。
漁期が短いため、獲ってすぐにボイルします。
これが甘みとコクを出し、うまみを逃さない最善の方法だからです。
北海しまえび(北海シマエビ・ホッカイシマエビ)のトロける様な食感と独特な深みある味わいは、まさに絶品です。
そのまま召し上がってください!

北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
北海道味紀行楽天市場店
北海道味紀行イーベイGマーケット
スポンサーサイト

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/423-a3e65b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。