プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あじきこう(味紀行)ホタテの燻製・珍味・乾物・干物:高岡(旅良菓)のホタテの燻製「いぶりのカイコ」お取り寄せ
高岡(旅良菓)のホタテの燻製「いぶりのカイコ」

あじきこう(味紀行)ホタテの燻製・珍味・乾物・干物:高岡(旅良菓)のホタテの燻製(さくらチップ)「いぶりのカイコ」お取り寄せ

北海道の代表格ともいえる貝の王様は、「ほたて(ホタテ・帆立)」です。
高岡(旅良菓)は、噴火湾の強い荒波がもたらした栄養を吸収して育てられたほたて(ホタテ・帆立)を原料として、ホタテの燻製(さくらチップ)「いぶりのカイコ」を創りました。
高岡(旅良菓)の作ったホタテの燻製(さくらチップ)「いぶりのカイコ」を、プリプリした貝柱をそのまま口に運ぶと、サクッと繊維が裂ける食感と燻製の香ばしい香りが楽しめます。
栄養豊富な荒波で育ったホタテの燻製「いぶりのカイコ」は、肉質が締まっているので食感が違います。
ホタテ貝は、いろんな料理に使われどんな状態でも美味しいのですが、燻製にすると旨みが倍増します。
今回高岡(旅良菓)の作ったホタテの燻製「いぶりのカイコ」は、燻製材としては高級なさくさのチップで薫製を作りました。
薫製状態も、柔らかすぎず固すぎないように程よい乾燥で作りました、一度ご賞味あれ!


北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
北海道味紀行楽天市場店
北海道味紀行イーベイGマーケット
スポンサーサイト

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/449-9d832100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。