プロフィール

1950todo

Author:1950todo
北海道味紀行へようこそ!
店長の「通称~とど」です、北海道室蘭市に在住しています。
当ショップの新商品・出かけた先で見つけた美味しいもの・景色・出来事などを載せて行きます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北海道味紀行店長ブログ
北海道味紀行がある雄大で自然豊かな北海道。 当ショップを運営する店長として、日頃考えている事、食べ物・旅行などの紹介、また生産者との交流や商品の紹介をして行きます。    

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あじきこう(味紀行)山菜・ワラビ(わらび・蕨):北海道の山菜・ワラビ(わらび・蕨)は羊蹄商会!お取り寄せ
北海道の山菜・ワラビ(わらび・蕨)

あじきこう(味紀行)山菜・ワラビ(わらび・蕨):北海道の山菜・ワラビ(わらび・蕨)は羊蹄商会!お取り寄せ

羊蹄商会のある、北海道倶知安町・ニセコ町は、春は山菜・天然山菜のキフ(アキタフキ)やうど、たらの芽(タランボ)、わらび、竹の子(タケノコ)、ギョウジャニンニク、ぜんまい、こごみ、など豊富です。
また、秋は天然山菜のキノコ(ラクヨウ)、ボリボリ(ならたけ)、山ぶどう、またたび、こくわなどの野草・山菜の宝庫で、特別な場所にいかなくても、目にすることができます。
羊蹄商会のある、倶知安町・ニセコ町には心まで澄み渡る鮮やかな風景があります、季節のうつろいを映し出すニセコ連峰シンメトリーの美しい山影を落す蝦夷富士・羊蹄山とスキーと観光のメッカであり、農産物の主要生産地でもあります。

北海道の山菜・ワラビ(わらび・蕨)は、北半球の温帯に広く分布しています。
ワラビ(わらび・蕨)は、わが国では小笠原諸島をのぞく各地に見られます。
北海道の山菜・ワラビ(わらび・蕨)は、日当たりのよい原野や、明るい林中に生育しています。
北海道の山菜・ワラビ(わらび・蕨)は、4月から5月ごろ、新しい芽を出して、成長すると高さ1メートルほどになります。
北海道の山菜・ワラビ(わらび・蕨)は、シダ植物で、胞子嚢は7月ごろに形成されます。

●下処理 アク抜き
灰が手に入れば誰でも簡単にアク抜きが出来ますが手に入らない場合は重曹を使います。
重曹は入れすぎるとワラビが熔けてしまい、少ないと苦味が残ります。
1kgのワラビに大さじ半分ぐらいを目安に調整します。一昼夜おきます。

●「ワラビの佃煮風」の作り方
水を切ったワラビを4~5cmに切りそろえ鍋に入れる。
醤油、みりん、酒を1:1:1の割合で合わせ、砂糖は適量いれる。
中火で10分ほど煮ると出来上がりです。
お好みで調味料の分量は加減すると良いでしょう。


北海道味紀行
北海道アート
北海道味紀行ヤフー店
北海道味紀行楽天市場店
北海道味紀行イーベイGマーケット
スポンサーサイト

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ajikikou.blog109.fc2.com/tb.php/452-0684fe57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。